〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉2-1-30

 022-263-3151

(受付時間 平日:8:30~17:30 土曜:8:30~12:30)

大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査とは?

大腸内視鏡検査画像

大腸内視鏡検査とは、大腸に発生するがんや炎症などの病変を発見するのに適した検査です。事前に下剤を内服し、大腸を空っぽにした上で肛門から内視鏡を挿入し、内腔を直接観察することによって、組織の炎症、ポリープ、がんなどを比較的早期の段階で見つけることが出来ます。観察範囲は盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸および直腸で、病状によってはより口側の小腸の一部も観察します。
また、当院では、内視鏡検査時に発見したポリープを切除することも可能です。
>> 大腸ポリープ切除についてはこちら

当院では鎮静剤と鎮痛剤(静脈麻酔)を投与することにより、従来に比べ苦痛の少ない、安心してできる大腸内視鏡検査を行っております。
「大腸内視鏡は苦しい」というイメージをお持ちの方に、ぜひ一度当院の内視鏡を受けて頂き、ここで検査をしてよかったと、安心して帰って頂きたいと思っております。
大腸内視鏡検査を定期的にきちんと受けることが、大腸がんの早期発見・早期治療にはとても大切です。

大腸ポリープ切除(日帰り手術)とは?

大腸内視鏡検査を行った際に、大腸ポリープが見つかった場合、当院では同日に日帰り切除をすることが出来ます。入院の必要がないため、時間的にも、身体的にも、患者さんの負担を大幅に減らすことができます。

大腸内視鏡検査のみ行う施設の場合、ポリープが見つかった場合は、切除できる病院に紹介、もしくはポリープの病理組織検査のみを行い紹介することになります。この場合、患者様は再度、大腸内視鏡を行う必要があります。
当院では、「検査を行い、ポリープがあったら切除する』ことが可能なため、一度の検査で済むことになります。(しかしながら、1cm以上のポリープや数によっては再度、大腸内視鏡を受けて頂くことになります。)

大腸ポリープは、ポリープを形成する細胞によって、「腺腫性ポリープ」、「過形成性ポリープ」、「炎症性ポリープ」に分けられます。治療が必要なポリープは「腺腫性ポリープ」と「1cm前後以上の過形成性ポリープ」とされています。

これらのポリープは大きくなるとがん化すると考えられており、目安として、ポリープの大きさが5mm以上まで育ったものは内視鏡的切除が勧められます(5mm程度の大きさでもがん化が認められることがあるため)。

当院では、1cmまでのポリープはその場で切除致します。5mm以下の微小なポリープも可能な限り切除し、クリーンコロン(正常大腸)を目指します。
1cm以上のポリープは、患者様が希望する病院へ紹介させて頂き、入院しての切除となります。

当てはまる方は、大腸内視鏡検査を受けましょう。

  • 便秘や下痢の状態が続いている(普通の便と下痢などが繰り返される)
  • 便が細くなった
  • 血便が見られた
  • 腹痛や腹部膨満感が続いている
  • 貧血を指摘されたことがある
  • 顔色が悪いと言われる
  • 急激に体重が減少した
  • 便潜血検査で陽性となった
  • 大腸ポリープや大腸がんの治療をした経験がある

など

より良い検査を行うために

検査中に苦痛があると、胃及び大腸の様子も大きく変化するために検査が行いづらくなります。つまり、苦痛があると、本人が苦しいばかりだけでなく、十分な検査が出来ないこともあるのです。

当クリニックでは苦痛の少ない心身がリラックスした状態で検査が出来るように、検査前処置に鎮静剤を使用します。これまでの経験により、年齢・性別・体格・状態によって微妙に投与量を調節し、最適な検査のための下準備をします。

同時に、内視鏡検査に精通した熟練の看護師チームが介助につきます。このサポートにより、一層安定した検査が可能となります。

当クリニックでは「苦痛の少ない検査をすることが、患者さんが常日頃から定期的な検査をするモチベーションになる」と考えています。苦痛が少ない検査であれば、「来年も検査をしよう」という気持ちになり、それが病気の早期発見・早期治療につながっていくからです。

絶えず研さんを積んでいます

絶えず研さんを積んでいます画像

内視鏡検査は、検査技術の向上と最新の情報収集と機材整備に絶えず努めて参りました。
日本消化器内視鏡学会認定の専門医の資格を持ち、テクニックのセミナー、学会、研究会には積極的に参加し、内視鏡装置は、クリニックでありながら、上部内視鏡3本、下部内視鏡2本を備え、状況に応じた使い分けと、最新のテクノロジーの導入を目指しています。

検査の説明書・同意書及び問診票 ダウンロード

検査依頼時には出力し、ご利用ください。
※持参していただくと、説明・記入等の時間が省け、スムーズな診療ができます。

※大腸内視鏡検査に関するご案内です。同意書にご記入の上、検査当日にご持参ください。

※大腸内視鏡検査を受ける前の事前チェックとなります。初めての方は検査当日にご持参ください。

内視鏡検査はいつ行っていますか?

胃内視鏡検査・大腸内視鏡検査は下記の時間帯・曜日で行っています。

予約時間
午前診 8:00 ~
午後診 14:00 ~

※受診希望の方は、ご予約を承ります。
※その他、分からないことがあれば、お問い合わせください。
医療法人 白根胃腸クリニック 電話番号 022-263-3151

医療法人社団 白根胃腸クリニック
医院名
医療法人社団 白根胃腸クリニック
診療科目
内科・消化器内科・胃腸科
住所
〒980-0011 宮城県仙台市青葉区上杉2-1-30
TEL
022-263-3151
診療時間 日・祝
08:30~12:00
14:00~17:30

:8:30~12:30
:第1、2、4、5は午前、午後とも診療、第3水曜の午後は休診です。

アクセス
■お車のかた
仙台駅より約5分
愛宕上杉通りの「勝山館」が目印です。
※駐車場7台完備
■市営 地下鉄南北線
地下鉄南北線・北四番丁駅、北1出口より徒歩約6分。
酒造会館のほうへ進み信号2つ目を左折、最初の十字路(角に上杉薬局)を右折。
■仙台市バス
仙台駅前バス乗り場18番か19番。(乗り場は上杉通り沿い仙台ロフト前にあります。)
県庁市役所経由 鶴ケ谷七丁目行
県庁市役所経由 市営バス東仙台営業所方面
上杉二丁目・農学部前下車 徒歩3分
■宮城交通バス
仙台駅前2番のりばか3番のりば(西口バスプール)
上杉通経由 宮城大学、泉アウトレット行
上杉通経由 宮城学院前行
仙台放送前下車 徒歩3分
(県庁市役所経由の場合は二日町北四番丁前下車 徒歩6分です。)